カテゴリー別アーカイブ: 畜産・果樹班

子牛が誕生しました。

4月20日に子牛(雌)が誕生しました。予定日より少し早く産まれたため、通常より小さいので心配していましたが、餌もよく食べ元気で走りまわっています。たくさん食べてしっかり運動して大きくなって欲しいです。

親子2子牛1

 

調理実習をしました。

13日に利用者3名の方が料理本(3分間クッキング)を見ながら、天津飯・鶏ガラスープ・春雨の中華炒め煮の3品を作りました。レシピのとおりに材料を切り、調味料を計って本格的に調理を行いました。白菜を手でちぎったり、春雨を湯に浸してもどしたり、一人ひとりが出来るスタイルで楽しみながら作りました。3分クッキングが3時間クッキングになりましたが、みんな満面の笑顔で調理しました。もちろん天津飯は畜産班の卵で仕上げているのでとても美味しかったようです。

調理実習2調理実習1

卵の配達しています。

少しずつ暖かくなってきて、鶏の産む卵の数が一日に約450個と増えてきています。毎週木曜日と金曜日に市内のお店や学校に配達をしています。班の利用者が順番に職員と配達をしています。市内のケーキ屋さんのロールケーキやまんじゅう・最近新しくできたパン屋さんのパンにも健康の森の卵を使って頂いておりとても好評です。

今後もおいしくて安全・安心な卵を生産していきます。

卵配達

砂入れ作業に奮闘中です。

外部委託作業の「砂入れ作業」が忙しくなり、利用者の皆さんががんばっています。今年1月から大量の注文が入ってきており、利用者の皆さんが一生懸命指定の袋に砂を入れ、職員がシーラーという道具で袋を閉じていきます。昨年末は注文がほとんど入らず、どうなることかと心配していましたが、年が明けると注文がたくさん入ってくるようになり、毎日約500本を仕上げて出荷しています。

今年度の活動も残り1ヵ月です。利用者一人ひとりの目標達成と、収入増を目指してがんばります。

砂入れ2砂入れ1

 

鶏舎の冬支度始まる。

毎年恒例の鶏舎のシート張りの時期がきました。

現在、鶏は雛も含め約900羽います。鶏たちの寒さ対策と産卵率の維持のため、利用者の皆さんが協力して10棟の鶏舎にシート貼りを行いました。

寒い冬もたくさんの卵を産んでくれることを期待しています。

鶏舎シート鶏舎シート