カテゴリー別アーカイブ: 農産・園芸班

就労移行接遇研修会を実施しました。

24日(火)、就労移行支援事業の利用者の皆さんを対象に、接遇研修会が行われました。接遇マナー講師の川崎明美先生をお招きし、進路指導の一環として利用者の皆さんが、社会人としてのマナーや身だしなみを身につけることを目的に18名が参加しました。

挨拶の練習から始まった研修は、マナーの基本となる自分自身を磨く4つのポイントとして①身体イキイキ、②動作キビキビ、③顔ニコニコ、④声ハキハキについて学びました。後半は、実際の職場を想定して、「今、よろしいでしょうか?」の導入から配布されたカードをもとに学んだことを実践しました。

終了後には先生より修了証をいただき、今日学んだことを普段から実践できるように心がけて下さいとエールを送っていただきました。

接遇研修2接遇研修1

 

 

ゆうあいの集いに参加しました。

1月30日岡山県知的障害者福祉協会主催のゆうあいの集いに参加するため利用者8名・職員3名で岡山市の両備ボウルへ出かけました。県内7施設54名の利用者が参加し、施設ごとでグループに分かれボウリングをしました。 上手く投げられない人は職員と一緒に投げ方を確認しながら、ハイスコアを目指して一生懸命投げていました。作業の合間の外出を楽しみました。

ボーリング2

野菜の種まきがはじまりました。

寒い日が続く中、ビニールハウスの中ではナス、ピーマン、トマトなどの野菜の種まきが始まりました。小さな種を1粒ずつ丁寧にプラグへ蒔いていき、温床ハウスの中で芽出しをします。芽が出揃えば今度はポットへ移植して育てます。春先にはビニールハウスの中が野菜の苗でいっぱいになります。

大きくなった苗は、4月の下旬頃より販売を開始する予定です。

野菜種まき1

葉ボタンの出荷が最盛期です。

農産班では、葉ボタンの出荷が最盛期をむかえています。個人のお客様から各種団体のお客様まで、たくさんのご注文をいただいております。今年も利用者の皆さんが丹精込めて育てましたのでとても良い出来具合です。また、パンジーやビオラといった花も次々と出荷しています。

畑では、おいしい白菜や大根などの収穫をして販売をおこなっています。

葉ボタン白菜